お酒

全般 ライフハック

コロナ後も面倒な飲み会・宴会を断る方法(緊急事態宣言解除後版)

2021年10月31日

2021年10月、ついに新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除されました。

緊急事態宣言の解除自体は、喜ばしい事ですが、緊急事態宣言の解除とともに、「待ってました!」とばかりに飲み会をしたがる方が多くてうんざり…。

今回はそんな面倒くさいお誘いをスマートに断る方法を紹介します。

このブログの中でも、この記事へのアクセス数がかなり多くてびっくりしています。プライベートな時間をわざわざ付き合いの宴会でつぶされたくないと考えてる方が多いという事ですね!

緊急事態宣言が終わった後も使える面倒な飲み会・宴会を断る方法

コロナでよかったことの一つは無駄な飲み会が減ったこと

新型コロナウィルスが猛威をふるっている間は他人との接触を減らすことが求められました。

多くの人が集まって居酒屋に行くことはご法度とされ、私自身もコロナ禍においては飲み会自体がほとんどなくなりました。事関して仕事に関する飲み会はほぼゼロです。

しかしながら、飲み会がなくなったからと言って仕事に何か支障が出るかといえばそんなことは全くありません。人間関係の構築は業務時間内でも十分できますし、お酒の力を借りないと人間関係構築ができないようであればそちらの方が問題です。

さらにいうと、無駄な飲み会が減った分自分の時間が増えて、業務に必要な知識の習得や自己啓発に充てることができましたし、飲み会に費やす出費が減った分家計が楽になったりとプラスの影響ばかりです。

コロナ禍においては、これまで付き合いのお酒のために、どれだけの時間やお金を無駄に使っていたのか改めて気づくことができました。

もちろん、親しい友人などと飲みに行く機会も減ってしまって寂しいと感じることもあります。ただ、その点を考慮しても、自分のために限られた時間を使うという、ある意味で当たり前のような事に気付けるようになったことはコロナの大きな収穫でした。

緊急事態宣言が終わった途端に、飲み会をしたがる人が一気に増殖中

緊急事態宣言はいつまでも続くものではありません。新型コロナウィルス感染状況の落ち着きとともに、2021年10月に緊急事態宣言は解除されました。緊急事態宣言が解除されること自体は、ファミレスやカフェなどが遅くまでやっててくれるのでとても歓迎すべきことです。

しかしながら、困ったことに、緊急事態宣言があけるやいなや、「緊急事態宣言が明けたから呑みに行こう~!」、「次の波が来る前に呑みにいこう~!」など、飲み会をしたいと騒ぎ出す人たちが一気に増えました。私の周りでも一人や二人ではないのです。

もちろん行きたい人はどんどん行って経済を回してくれればいいと思いますし、私自身も一人で軽く30分ぐらい呑みに行く分には居酒屋大好きなのです。

でも、いつも同じ人の武勇伝を聞いて、同じような説教を聞いて、締めの時間になってもだらだらと終わらずプライベートの時間を容赦なく浸食していき、2次会に行かないと言ったら総ブーイングされるような宴会文化・慣習は、アフターコロナ時代の私には必要ないのです。

今までとは違う新しい飲み会の断り方が必要な時代

緊急事態宣言が明けたことによって、これまでは飲み会に誘われても「緊急事態宣言が明けたら行きたいですね~」と社交辞令的に言っておけばよかったのですが、それが通じなくなってしまいました。

でも、もう無駄な付き合いの飲み会のために自分の大切な時間やお金を浪費したくないので、新しい時代に対応できる断り方が必要です。

ところで、宴会のお誘いって誘う方よりも断る方が気を使います。断り方を間違えると、非常に角が立ちます。場合によっては「あいつは付き合いが悪い」とか「協調性がない」などというレッテルを張られたり、「少人数なのにどうしてだめなの?」と反発をくらう場合すらあります。

お酒をのみたい人が自由に飲みに行けて、飲みたくない人が自由に断ることができる、そんな時代が来ることを願ってやみません。

ここからは、そんなアフターコロナ時代にどうやって宴会の誘いを断ればよいかを紹介します。

緊急事態宣言後の飲み会お誘いの断り方

家族が行かないでほしいと言っている

家族持ちの方、特に小さなお子様をお持ちの方には非常に有効な手段となりえますね。

自分は大丈夫!と思っていても、同居家族に感染させてしまうリスクを考えると、誘う方もそれ強く誘うことはできないでしょう。

「私は参加したくない」では角が立つかもしれませんが、「家族などの第三者が行かないでほしいと言っている」という事であれば、比較的角を立てずに断ることができるはずです。

今日は調子が悪い

発熱などの体調不良をにおわせて、飲み会の誘いを断る方法です。

誘う方も、体調不良とわかって呑みに行って、その後仮にコロナ感染が判明すると立場が悪くなる事はわかりきっているので、きっと強くは誘われないでしょう。

気を付けないといけない点としては、体調不良をアピールしすぎるとコロナの疑いで出社自体を停止させられたり、通院を要請されたりと余計に面倒な事態になる恐れもあるので、その点は要注意です!

次の波が来るかもしれないのでやめておきたい

たとえ今は比較的感染状況が落ち着いている状況であったとしても、一寸先はどうなるかわかりません。

ただ、事前に出欠確認を行う忘年会や新年会には有効かもしれませんが、今日・明日で突発的に行われる宴会には使いにくいかもしれません。

そもそも、この記事を読んでくださっている方は、おそらく「これから呑みに行こうぜ!」なんて軽いのみで誘うなよ?って思ってると思いますが…。

コロナ太りで、医者からお酒を止められている

ずっと家に引きこもっていることで、体重が増えるいわゆる「コロナ太り」

見た目には大きな変化がない方でも、「血液の数値が悪くてお医者さんから宴会参加を止められている」と言っておけば逃げられるかもしれません。

クラスターが心配なので参加できない

感染状況が減ったとはいえ、まだ新型コロナウィルスの感染状況が0になったわけではありません。

多くの人数が集まる宴会はそれなりにリスクがあることは事実なので、避けたい気持ちを理解してもらえるのではないでしょうか。

ワクチンを3回打っていないので不安

ワクチン接種後数カ月すると抗体の数が減るといわれています。それを利用して、2回目から間があいているので不安だというのはどうでしょう。

でも世間的にはまだ2回摂取が基本ラインなので、「俺も2回だから大丈夫!」と言われてしまうかもしれません。

コロナ後に動き出した仕事が忙しい

緊急事態宣言が明け人の動きが活発になった事に比例して業務量が増えた方も多いと思います。

緊急事態宣言中にたまっていた仕事を急いで片付けないといけないので、しばらくお酒は無理というニュアンスであれば理解してもらえそうです。

「誘ってくれてありがとう。でも行きたくない」気持ちをしっかりと伝える

いろんなお断りテクニックを紹介しましたが、感覚が鈍い方は「誘ってほしくない」という事実になかなか気づいてくれません。

手を変え品を変え、それでも理解してもらえないような場合は、はっきりと、「飲みに行きたくない」と、できるだけ角を立てないような明るいトーンで伝えたいですね。その際には「誘ってくれたことはありがとう~」とお礼のメッセージを添えることもお忘れなく。

まとめ:断りたい宴会はしっかりと断って自分の時間を大事にしたい

ここまで、緊急事態宣言解除後・アフターコロナ時代での、気の進まない宴会の断り方をご紹介しました。

少しでも多くの方が、「飲みニケーション」と揶揄される宴席でのコミュニケーションを断ることに悩むことなく、自身のスキルアップや自己研鑽のために時間を有効活用できるように願ってやみません。

-全般, ライフハック
-, , , , ,

PAGE TOP