貯金箱

節約テクニック集

これから起こりそうな事を予想して無駄な出費を抑える

2021年3月21日

節約

あたりまえといえばあたりまえのことですが、
欲しい物を欲しいだけ買っていたらお金はたまりません。

お金を貯めようと思うと必然的に、必要なものを買うことになる
わけですが、必要だからという理由で何でも買っていたらやはり
お金を貯めることは難しいです。

でも、必要なものでも、実は似たようなものを既に所有していたり
なくても他のもので代替ができた等、後で考えてみると、
実は本当は必要でなかった…ということもよくある話です。

今回の投稿では、そのような
その時は必要だったけど、実は必要でななかった支出を避けるために
必要なテニックとして、
「少し未来のことを考えながら生活する」事の重要性を考えてみます。

あまりに当たり前すぎて、意識する事が少ないかもしれないけども、
改めて意識すると意外と重要で、
意識的に実行する事で節約テクニックとして活用できます。

近い未来起こることは、ある程度予想できる

ところで、私達人間は、5年先、10年先、その先の、
社会情勢や私達自身がどうなっているかを正確に予想する事は難しいです。
大きな地震や火山噴火などの天災に巻き込まれる、務めている会社が倒産する、
病気で入院しなければならない等の状況が訪れるかもしれません。

しかし、今日・明日もしくは1週間後ぐらいであればどうでしょうか?

今日の昼ごはんのメニュー、今日の仕事が終わる時間、週末の来客予定など、
完璧ではないにせよ短期の未来であれば
ある程度正確に今後発生する事象の予想ができます。

発生する事象を予め予測できれば、事前に対策も打てますよね!

近い未来の予想の具体例

ということで近い未来を予想して対策を立てましょう。
難しいことは無くて、例えばこんなことです。

・朝天気予報を確認して天気を把握する。
 雨が降ったらビニール傘を買わなければなりません。
 またお気に入りの靴を履いていれば汚れてしまうかもしれません。

・外出の予定を把握する。
 外出の予定があり、スマートフォンのバッテリーが一日持たなければ
 状況が予想されるなら、
 モバイルバッテリーや充電器を持っていないと、コンビニで買う羽目になります。
 水筒を持っておけばのどが渇いた時も、自動販売機でお茶を買わずに済みます。

・買い物に行く前に冷蔵庫の中身を確認する。
 冷蔵庫の中にあったことを忘れて、うっかり同じ野菜を買う事になるかも。

どれも、あらかじめ注意をしておけば回避できた言ってみれば無駄な支出です。

当たり前過ぎて、鼻で笑われてしまうかもしれません。
でも、よく考えてください。
ここであげたようなこと思い当たる節はありませんか?

もうすこし先の未来の予想も心がけて!

また、先ほど5年先、10年先の未来を正確に予想する事は難しいと書きましたが、
それは予想をする必要がないという話ではないです。
あたる保証はないにせよ、予想を立てて何があっても大丈夫なように
準備をする事はできます。

たとえば、

・老後資金や子供の教育資金のことを考えて貯金や投資をする。
・病気にならないために日ごろの食生活や運動習慣に気を付ける。
・今後の社会人キャリアのために、ライバルに差をつけるためのスキルや資格取得に励む。

今すぐにやらなかったとしても、すぐに不利益をうける事はないでしょう。
ただ、5年、10年後に差がついてくることは容易に想像できますよね。

まとめ

大事なことは、どのような時間スパンの未来であっても、
自分自身で意識的に行動を変えていく事で、

良い結果につながる可能性は高くなるという事です。

特に近い将来に起こるであろう事は比較的高い精度で予想ができます。

ただ、そうは言っても、忙しいときは目の前の事への対応で精一杯で、
未来のことを考える余裕なんてないことも多いです。

実際私は先週天気予報を見ずに出社した結果、夕方に見事に豪雨に見舞われ、
コンビニでビニール傘を買ってしまいました。
こんな投稿をしておきながら、そういった残念な失敗もあります。

ただ、意識を持って行動すれば、プラスの結果になることもあるので、
一緒に少し未来のことを考えながら今日一日を過ごしませんか?

-節約テクニック集

PAGE TOP