節約 節約テクニック集 節約を実際にやってみた話

洗い物不要で汁物も対応できるお弁当術節約

最近はお弁当に、おにぎりと汁漏れしないようなおかずを詰めた弁当を作っていました。
ただ、毎日同じようなメニューが続いたので少々飽きてしまいました。。。

どうせだったら、もう少し変わったものを食べたい。でも汚れた弁当箱は持って帰ってきたくない。

そんな私が新しく始めたのが、これから紹介するビニール袋を使ったお弁当です。

ビニール袋を使ったお弁当を作ってみました。

まずは写真を見てほしい

文章であれやこれやと説明するよりも現物を見てもらった方が早いと思うので、まずはこちらの写真をご覧ください。

袋の中に、ゆで卵、こんにゃく、ウィンナー、大根、つみれが入っています。
そう、これは「おでん」です。

おでんを入れた袋の上部を縛って完成です。

ある意味、インスタ映えするなぁと思いますが競合はあまりいなさそうです。

袋に入ったおでん弁当

食べるときは縛った部分をハサミで切りおとします。
タッパーが支えになって、袋自体がお皿として機能します。

袋の口部分を切り落としたおでん弁当

ビニール袋弁当のメリットを改めてチェック

見た目はちょっと良くない…ですが、このビニール袋弁当はかなりの機能性を備えています。

【機能性1】汁物も安心

ごらんのように袋の口を縛っているので液漏れすることはありません。
口をしっかり縛っておけば逆さにしても大丈夫。

従来のお弁当箱では難しかった、麻婆豆腐、おでん、ポトフ、そばやうどんといった汁気のあるおかずも漏れを気にせずに楽々です。

ちなみに、麺類を入れるときは、麺がふやけるのでスープと麺を分けることがおすすめです。

【機能性2】コストパフォーマンスがいい

近くのダイソーで100枚100円でした。
1枚当たり1円。別の記事で紹介した使い捨て弁当容器と比べてもかなり安価です。

【機能性3】ごみが少なく地球に優しい

美味しく頂いたら食べ終わった袋の口を縛って、そのままゴミ箱へポイです。
コンパクトなのでゴミ箱の空きスペースを圧迫することもありません

また、ビニール袋を皿のように使う事で食器を洗う必要がなくなり水資源の節約にも繋がります。

ビニール袋弁当にも気を付けないといけないところはある

メリットがたくさんのビニール袋弁当。でも、気を付けないといけない点もあります。

【注意点1】袋が破けるとカバンの中が大惨事

ビニール袋なので無理な力がかかったり、鋭利なものにぶつかるとすぐに破れてしまいます。
中に汁物が入っていた場合当然カバンの中は水浸し…どころかオカズまみれになります。

そのため、

  • ビニール袋は二重にする。
  • タッパーなど硬い容器の中にビニール袋を入れる。

といった対策を必ず取るように注意しましょう!

【注意点2】周囲の目に気を付けて!

正直、見た目のインパクトはあると思います。
しばらくの間は同僚があなたの弁当箱に目線がくぎ付けになるかもしれません。

でも、安心してください。だんだんと慣れてきます。
(少なくとも、私の職場はそうでした)

【注意点3】汁気の多いものを入れるときは食中毒に気を付けて!

汁気の多い具を入れるときには注意が必要です。
一般的には、水気が多い=腐りやすいです。そのため食中毒には特に気を付けましょう。

まとめ

本記事を書いている2022年6月末、記録的な速さで梅雨が明けました。
暑い時期に突入しましたが、食中毒に気を付けながらお弁当ライフを楽しみたいと思います。

-節約, 節約テクニック集, 節約を実際にやってみた話
-, , , , , , , , , , , ,

PAGE TOP